PR 光回線全般

引っ越し時の光コラボなどの自宅インターネットの手続き方法を解説!

「引っ越し時に自宅のインターネットはどうしたらよいのか?」

「光回線サービスを引っ越し先でも継続利用するか乗り換えるかどっちがよいのか?」

「引っ越し時に光回線サービスの手続きの手順を知りたい」

このような悩みを解決できる記事になっています。

本記事を読むことで、引っ越しの際に自宅で使用している光回線サービスをどのような手順で手続きを実施すればよいかが分かるようになります

本記事で紹介する主な内容

  • 引っ越し時の光回線サービスをどうするかの選択肢
  • 引っ越し先で光回線サービスを継続利用する場合と乗り換える場合のメリット・デメリット
  • 引っ越し時の光回線サービスごとの手続きの手順
  • 引っ越し時の光回線サービスの手続きをするうえでの注意点
  • 引っ越し時におすすめの光回線サービス

引っ越し時の光回線サービスはどうするべきか?

引っ越しをする場合、今使用している自宅の光回線サービスをどのようにすべきかを紹介します。

そして、各々の手続きのメリットとデメリットも紹介します。

多くの人は、引っ越しは頻繁に経験するものではないと思いますので、引っ越しの時に困らないようになれば良いと考えています。

選択肢は2パータン(継続利用 or 乗り換え)

引っ越しをする場合に光回線サービスをどうするべきかの選択肢としては、2パターンあります。

  • 継続利用する(移転する)
  • 別の光回線サービスに乗り換える

1つ目の『継続利用する(移転する)』場合は、引っ越し先でも同じ光回線サービスを継続利用することです。

『継続利用する(移転する)』では、今利用している光回線事業者に対して移転の手続きをする必要があります

2つ目の『別の光回線サービスに乗り換える』場合は、引っ越しを契機に今とは異なる別の光回線サービスに変更することです。

『別の光回線サービスに乗り換える』では、今利用している光回線サービスを解約して、引っ越し先で新規の光回線サービスを契約する必要があります

引っ越し先でも自宅で固定の光回線サービスを利用する場合は、『継続利用する(移転)』か『別の光回線サービスに乗り換える』かのどちらかの対応をすることになります。

継続利用と乗り換えのメリット・デメリット

『継続利用する(移転する)』場合と、『別の光回線サービスに乗り換える』場合のメリットとデメリットを簡潔に紹介します。

継続利用する(移転する)

  • メリット今までと同じサービスが利用できる 
  • デメリット移転費や工事費などが発生する

『継続利用する(移転する)』場合は、今までと同じ光回線サービスを利用することができ、スマホとのセット割を活用している人ならそのまま継続利用できるというメリットが大きいです。

ただし、移転費や工事費が発生してしまうというデメリットもあります。

継続利用する際は、キャンペーンもほぼ適用されず発生する費用をそのまま負担する必要がある場合が多いです。

別の光回線サービスに乗り換える

  • メリット新規加入のキャンペーンを活用できる 
  • デメリット移転に比べて手続きが面倒

『別の光回線サービスに乗り換える』場合は、新規に別の光回線サービスに加入することになるため、キャンペーンを適用することができます。

キャッシュバックや違約金・工事費の無償化など様々な特典が用意されている場合が多く、コスト的にお得に利用開始することができます。

『継続利用する(移転する)』と『別の光回線サービスに乗り換える』は、以下のような人にそれぞれおすすめできます。

移転がおすすめな人

多少コストがかかっても、今までと同じ光回線サービスが利用したい人
(スマホとのセット割を活用していて、変更したくない人)

乗り換えがおすすめな人

光回線サービスを乗り換えても問題なく、コスト面でお得になりたい人

『継続利用する(移転する)』か『別の光回線サービスに乗り換える』かは、最終的にはご自身の考え方に合った選択をしていきましょう。

もし特にこだわりがなければ、引っ越しを契機に『別の光回線サービスに乗り換える』ことで、キャンペーンを活用してお得にサービスを利用開始することができてよいかと思います。

光回線サービスによってキャンペーンの内容なども異なっていますので、詳細は対象の光回線サービスを確認しましょう。

自宅の光回線サービスの種類

固定の光回線サービスにはどのような種類があるかを紹介します。

自宅で光回線サービスを利用していれば、以下のいずれかのサービスを利用していることになります。

フレッツ光

フレッツ光は、NTT東日本/NTT西日本が提供している光回線サービスです。

フレッツ光は、回線のみが提供されプロバイダサービスは含まていませんので、インターネット接続するためには別途プロバイダとの契約が必要です。

光コラボ

光コラボ(光コラボレーション)は、光コラボ事業者が「光回線(フレッツ光を代理で提供)」と「プロバイダサービス」をセットで提供しているサービスです。

代表的な光コラボ

  • ドコモ光
  • ソフトバンク光
  • 楽天ひかり
  • GMOとくとくBB光
  • ビッグローブ光
  • IIJmioひかり

独自の光回線(ダークファイバー)

独自の光回線(ダークファイバー)は、「光回線(ダークファイバー)」と「プロバイダサービス」をセットで提供しているサービスです。

代表的な独自の光回線(ダークファイバー)

  • auひかり
  • nuro光

電力系の光回線

電力系の光回線は、地域電力会社の関連会社が提供する光回線サービスで、「光回線(電力系の光回線)」と「プロバイダサービス」をセットで提供しています。

代表的な電力系の光回線

  • eo光
  • コミュファ光
  • MEGA EGG
  • Pikara光
  • BBIQ

参考:CATV(ケーブルテレビ)

もしかするとCATV(ケーブルテレビ)のインターネット回線に加入されている方もいるかもしれません。

CATV回線は光回線ではありませんが、自宅で固定のインターネット回線を利用するサービスの1つです。

CATV(ケーブルテレビ)回線は、ケーブルテレビのテレビ放送で利用される回線(同軸ケーブル)を利用してインターネット通信が可能なサービスです。

自宅で光回線サービスを利用している場合、フレッツ光、光コラボ、独自の光回線(ダークファイバー)、電力系の光回線のいずれかのサービスを利用していることになります。

引っ越し時に光回線サービスを継続利用(移転)する手順

今利用している自宅の光回線サービスを引っ越し先でも継続利用(移転)する際に必要となる手順を紹介します。

『フレッツ光・光コラボ』を利用中で継続利用(移転)する手順

今現在、フレッツ光・光コラボの光回線サービスを利用している方で、引っ越し先でも継続利用(移転)する場合の手順になります。

『フレッツ光・光コラボ』を移転する手順

  1. 引っ越し先でサービスが利用できるかを確認
  2. 今利用しているサービスの移転手続きを実施(webもしくは電話) (※1)
  3. 今利用中の回線撤去工事と引っ越し先の回線開通工事の日程の決定
  4. 回線撤去工事の実施 (※2) (※3)
  5. 回線開通工事の実施 (※2) (※3)
  6. 開通日以降に機器を接続し開通

(※1) 移転手続きの方法は事業者ごとに違うので要確認
(※2) 各レンタル機器は該当事業者に要確認
(※3) 工事は工事担当者が伺わず、物理的な工事は実施しない場合もあります。

フレッツ光・光コラボを移転する場合は、このような手順で手続きを進めましょう。

手続きを進めることで、今利用しているフレッツ光・光コラボの光回線サービスを引っ越し先でも継続利用することが可能となります。

『独自の光回線(ダークファイバー)・電力系の光回線』を利用中で継続利用する手順

今現在、独自の光回線(ダークファイバー)・電力系の光回線のサービスを利用している方で、引っ越し先でも継続利用(移転)する場合の手順になります。

『独自の光回線(ダークファイバー)・電力系の光回線』を継続利用する手順

  1. 引っ越し先でサービスが利用できるかを確認
  2. 今利用している光回線サービスの引っ越し手続きに沿って実施

参考

例えば、nuro光は移転手続きはなく、一度解約してから新住所で再契約という形になります。そして解約費用の現金補填などの引っ越しに関する特典が用意されています。

他の独自の光回線(ダークファイバー)、電力系の光回線も同様に引っ越しに関する特典が用意されているケースが多いです。

独自の光回線(ダークファイバー)・電力系の光回線を移転する場合は、対象の回線事業者の手順をよく確認したうえで手続きを進めましょう。

手続きを進めることで、今利用している独自の光回線(ダークファイバー)・電力系の光回線を引っ越し先でも継続利用することが可能となります。

引っ越し時に光回線サービスを乗り換える手順

今利用している自宅の光回線サービスを解約して、引っ越し先で別の光回線サービスに乗り換える際に必要となる手順を紹介します。

『フレッツ光』から『光コラボ』へ乗り換える手順(転用)

今現在、フレッツ光を利用している方で、引っ越し先では光コラボのサービスを利用する場合の手順になります。

『フレッツ光』から『光コラボ』に乗り換える手順(転用)

  1. 引っ越し先でサービスが利用できるかを確認
  2. NTT東日本/NTT西日本から「転用承諾番号」を取得
  3. 乗り換える光コラボ事業者に転用を申し込む
  4. フレッツ光で契約していたプロバイダーを解約する
  5. 今利用中の回線撤去工事と引っ越し先の回線開通工事の日程の決定
  6. 回線撤去工事の実施 (※2) (※3)
  7. 回線開通工事の実施 (※2) (※3)
  8. 開通日以降に機器の接続や初期設定を行う

(※2) 各レンタル機器は該当事業者に要確認

(※3) 工事は工事担当者が伺わず、物理的な工事は実施しない場合もあります。

フレッツ光から光コラボへ転用する場合は、このような手順で手続きを進めましょう。

手続きを進めることで、引っ越し先で光コラボの光回線サービスを利用することが可能となります。

『光コラボ』から『別の光コラボ』へ乗り換える手順(事業者変更)

今現在、光コラボを利用している方で、引っ越し先では別の光コラボのサービスを利用する場合の手順になります。

光コラボの事業者を変更する場合(事業者変更)

  1. 引っ越し先でサービスが利用できるかを確認
  2. 現在利用中の光コラボ事業者から「事業者変更承諾番号」を取得
  3. 乗り換える光コラボ事業者に事業者変更を申し込む
  4. 今利用中の回線撤去工事と引っ越し先の回線開通工事の日程の決定
  5. 回線撤去工事の実施 (※2) (※3)
  6. 回線開通工事の実施 (※2) (※3)
  7. 開通日以降に機器の接続や初期設定を行う

(※2) 各レンタル機器は該当事業者に要確認

(※3) 工事は工事担当者が伺わず、物理的な工事は実施しない場合もあります。

光コラボから別の光コラボへ事業者変更する場合は、このような手順で手続きを進めましょう。

手続きを進めることで、引っ越し先で新たな光コラボの光回線サービスを利用することが可能となります。

『フレッツ光・光コラボ』から『独自の光回線(ダークファイバー)・電力系の光回線』へ乗り換える手順

今現在、フレッツ光・光コラボを利用している方で、引っ越し先では独自の光回線(ダークファイバー)・電力系の光回線のサービスを利用する場合の手順になります。

『フレッツ光・光コラボ』から『独自の光回線(ダークファイバー)・電力系の光回線』に乗り換える手順

  1. 引っ越し先でサービスが利用できるかを確認
  2. 今利用しているフレッツ光・光コラボを解約(webもしくは電話) (※4)
  3. 独自の光回線(ダークファイバー)・電力系の光回線へ新規で申し込み
  4. 今利用中の回線撤去工事の日程の決定
  5. 新規の回線会開通工事の日程決定
  6. 回線撤去工事の実施 (※2) (※3)
  7. 回線開通工事の実施 (※2) (※3)
  8. 開通日以降に機器の接続や初期設定を行う

(※2) 各レンタル機器は該当事業者に要確認

(※3) 工事は工事担当者が伺わず、物理的な工事は実施しない場合もあります。
(※4) フレッツ光の場合はプロバイダの解約も忘れずに実施する

フレッツ光・光コラボから独自の光回線(ダークファイバー)・電力系の光回線へ乗り換える場合は、上記のような手順で手続きを進めましょう。

手続きを進めることで、引っ越し先で新たな独自の光回線(ダークファイバー)・電力系の光回線のサービスを利用することが可能となります。

『独自の光回線(ダークファイバー)・電力系の光回線』から『フレッツ光・光コラボ』へ乗り換える手順

今現在、独自の光回線(ダークファイバー)・電力系の光回線のサービスを利用している方で、引っ越し先ではフレッツ光・光コラボのサービスを利用する場合の手順になります。

『独自の光回線(ダークファイバー)・電力系の光回線』のから『フレッツ光・光コラボ』に乗り換える手順

  1. 引っ越し先でサービスが利用できるかを確認
  2. 今利用している独自の光回線(ダークファイバー)・電力系の光回線を解約(webもしくは電話
  3. フレッツ光・光コラボへ新規で申し込み (※5)
  4. 今利用中の回線撤去工事の日程の決定
  5. 新規の回線会開通工事の日程決定
  6. 回線撤去工事の実施 (※2) (※3)
  7. 回線開通工事の実施 (※2) (※3)
  8. 開通日以降に機器の接続や初期設定を行う

(※2) 各レンタル機器は該当事業者に要確認

(※3) 工事は工事担当者が伺わず、物理的な工事は実施しない場合もあります。
(※5) フレッツ光の場合はプロバイダの申し込むも併せて必要

独自の光回線(ダークファイバー)・電力系の光回線のサービスからフレッツ光・光コラボへ乗り換える場合は、上記のような手順で手続きを進めましょう。

手続きを進めることで、引っ越し先で新たにフレッツ光・光コラボのサービスを利用することが可能となります。

『独自の光回線(ダークファイバー)・電力系の光回線』から『別の独自の光回線(ダークファイバー)・電力系の光回線』へ乗り換える手順

今現在、独自の光回線(ダークファイバー)・電力系の光回線のサービスを利用している方で、引っ越し先では別の独自の光回線(ダークファイバー)・電力系の光回線のサービスを利用する場合の手順になります。

『独自の光回線(ダークファイバー)・電力系の光回線』から 『別の独自の光回線(ダークファイバー)・電力系の光回線』に乗り換える手順

  1. 引っ越し先でサービスが利用できるかを確認
  2. 今利用している独自の光回線(ダークファイバー)・電力系の光回線を解約(webもしくは電話
  3. 引っ越し先で利用する予定の独自の光回線(ダークファイバー)・電力系の光回線へ新規で申し込み
  4. 今利用中の回線撤去工事の日程の決定
  5. 新規の回線会開通工事の日程決定
  6. 回線撤去工事の実施 (※2) (※3)
  7. 回線開通工事の実施 (※2) (※3)
  8. 開通日以降に機器の接続や初期設定を行う

(※2) 各レンタル機器は該当事業者に要確認

(※3) 工事は工事担当者が伺わず、物理的な工事は実施しない場合もあります。

独自の光回線(ダークファイバー)・電力系の光回線のサービスから別の独自の光回線(ダークファイバー)・電力系の光回線のサービスへ乗り換える場合は、上記のような手順で手続きを進めましょう。

手続きを進めることで、引っ越し先で新たな独自の光回線(ダークファイバー)・電力系の光回線のサービスを利用することが可能となります。

引っ越し時の光回線に関する注意点

光回線サービスの引っ越し時の手続きに関する注意点をいくつか紹介します。

引っ越し先での光回線サービスに対して、キャンペーンのキャッシュバックや新しい月額料金などに注目していて、うっかり見落としがちな点を紹介します。

後で後悔しないように事前に確認しておきましょう。

光回線サービスの引っ越し時の注意点としては以下です。

  • 違約金が発生する
  • 撤去工事が必要な場合がある
  • 今までの回線サービスが利用できない可能性がある
  • インターネットを利用できない期間がある
  • 移転工事費がかかる

違約金が発生する

引っ越し前に使用している光回線サービスを解約する場合、違約金が発生する可能性があることに注意が必要です。

契約しているプランによりますが、例えば2年契約で契約更新期間以外に解約すると違約金が発生するケースがよくあります。

今加入している光回線サービスを解約する場合は、違約金が発生するかを事前に確認しておきましょう。

また、違約金以外にも工事費未払い分があればその清算も必要になるので併せて注意しましょう。

なお、今の光回線サービスを解約する場合は、新しく加入する光回線サービスのキャンペーンを活用することで、違約金を無料にできる可能性が高いので、キャンペーンを活用するようにしましょう

撤去工事が必要な場合がある

引っ越し前に使用している光回線の物理的な回線撤去工事が必要な場合があるので注意が必要です。

特に戸建てで独自の光回線(ダークファイバー)や電力系の光回線を利用している場合は物理的な回線撤去工事が必要な場合があります。

その場合、回線撤去の工事費用が必要になります。

代表的な回線撤去工事費用は以下の通りです。

回線サービス回線撤去工事費用
フレッツ光・光コラボ無料
auひかり31,680円(税込)
NURO光11,000円(税込)
eo光11,000円(税込)
コミュファ光13,200円(税込)
MEGA EGG11,000円(税込)
Pikara光 11,000円(税込)
BBIQ11,000円(税込)

フレッツ光・光コラボの場合は、回線撤去の工事費用は無料で実施できます。

回線撤去費はそこそこ高額なので事前に確認するようにしましょう

今までの回線サービスが利用できない可能性がある

引っ越し先で使用した光回線サービスが利用できない可能性があるので注意が必要です。

特にマンションの場合、マンション内で利用できる光回線サービスが決まっている場合が多いため希望の光回線サービスが利用できるとは限りません。

そのため、事前に引っ越し先で希望の光回線サービスを利用できるかを確認するようにしましょう

インターネットを利用できない期間がある

引っ越し先での回線開通工事の日程調整の結果、インターネットが利用できない期間が発生する場合があります

仕事関係で自宅でのインターネット環境が必須の人など、自宅でインターネットが利用できない期間が出るのは避けたい方は、なるべく早めに日程調整を実施するように心掛けましょう。

目安としては1~2ヵ月前から手続きを進めることをお勧めします

光回線の引っ越しの手続きは通常1か月程度かかります。工事日程の調整もあるため、余裕をもって2ヵ月前くらいから手続きを開始したほうがよいです。

また、自宅でインターネットが利用できない空白の期間が発生しないように回線開通までの期間にポケットWi-Fiなどが無料レンタルできるキャンペーンが用意されているところもあるので、そういった特典を計画的に活用するのも良いです。

引っ越し先でインターネットが利用できない期間が発生することがないよう注意するようにしましょう。

移転工事費がかかる

光回線サービスを引っ越し先でも利用するべく移転する場合、派遣なしの工事でも移転工事費や移転事務手数料などの費用が発生します

価格は各々の光回線サービスや料金プランによって様々ですので、事前に公式ホームページで確認しておきましょう。

移転の場合、移転工事費が無料になるキャンペーンを実施している光回線サービスもありますので、うまく活用するようにしましょう。

引っ越し時におすすめの光回線

特にこだわりがなければ、引っ越しを契機に『別の光回線サービスに乗り換える』のがおすすめです

キャンペーンを活用してお得にサービスを利用開始することができる場合が多いからです。

違約金や撤去工事費の補填、キャッシュバックなどのキャンペーンも豊富なので、もし不満なら1~2年で乗り換えるのもありです。

  • ドコモ光
  • ソフトバンク光
  • 楽天ひかり
  • GMOとくとくBB光
  • ビッグローブ光
  • IIJmioひかり
IIJmioひかり
  • auひかり
  • nuroひかり

今現在、スマホとのセット割がある光回線サービスを選んでいる方が多いかと思いますが、そのような方には引っ越し後の期間だけでも月額料金が安くキャンペーンのキャッシュバックも大きい『GMOとくとくBB光』がおすすめです

まとめ

本記事では、引っ越し時の光回線サービスの手続きの種類と手順について紹介しました。

本記事で紹介した内容

  • 引っ越し時の光回線は『継続利用』か『乗り換え』のどちらかを選択する
  • 継続利用と乗り換えのメリット、デメリット
  • 引っ越し時の光回線の手続きの手順
  • 引っ越し時の光回線の手続きの注意点
  • 乗り換え先としておすすめの光回線サービス

通常、光回線サービスを見直す機会はあまりありませんので、引っ越しの機会を利用して、多少手間をかけてでもキャンペーンを活用してお得に利用するのがよいかと思います。

少しでも本記事が参考になれば幸いです。

-光回線全般