PR 光回線全般

固定IPアドレスのサービスを利用できる光コラボはどこ?

  • 自宅のインターネット環境で固定IPアドレスが必要になるのはどんなケース?
  • 光コラボで固定IPアドレスを利用する方法は?
  • 光コラボで固定IPアドレスを利用する際の注意点はないのか?

このような疑問を解決します。

固定IPアドレスを利用することで、ウェブカメラで自宅のペットを確認したり、特定のオンラインゲームを楽しんだり、することが可能となります。

ただ、固定IPアドレスのサービスを提供している事業者は多くはないため、固定IPアドレスの利用方法について悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

本記事では、光コラボ利用時に固定IPアドレスを利用する場合のおすすめのサービス、注意点、ユースケース例などを紹介します。

光回線サービスにおける固定IPアドレスとは?

光回線サービスにおける固定IPアドレスとは何かを紹介します。

固定IPアドレスという単語だけ知っていて何となく理解している方も改めて確認しておきましょう。

プロバイダから提供されるIPアドレスの設定は動的か固定のどちらか

自宅でインターネット接続するためにはIPアドレスが必要になり、そのIPアドレスには動的IPアドレスと固定IPアドレスの2種類があります。

動的IPアドレスとは?

動的IPアドレスは、インターネットに接続する際にプロバイダーから割り振られるIPアドレスが毎回変わります

大半の光回線サービスでは、IPアドレスは動的IPアドレスが採用されています。

固定IPアドレスとは?

固定IPアドレスは、インターネットに接続する際にプロバイダーから割り振られるIPアドレスが常に固定のIPアドレスになります

IPアドレスが固定にすることでインターネット上で一意に識別することができ、自宅のPCにリモートログインしたり、自宅のウェブカメラを遠隔で確認したりできます。

グローバルIPアドレスとプライベートIPアドレス

IPアドレスには、グローバルIPアドレスとプライベートIPアドレスがあります。

グローバルIPアドレスとは?

インターネット接続するためのIPアドレスはグローバルIPアドレスで、全世界のインターネット上で他とIPアドレスが重複しません。

なお、直接インターネットに接続するためにはグローバルIPアドレスは必ず必要になります。

プライベートIPアドレスとは?

自宅や会社など内部ネットワークのみで使用するIPアドレスはプライベートIPアドレスです。

限られたネットワーク環境でのみ使用するもので、直接インターネットに接続することはできません

固定IPアドレスを提供する光コラボ

光コラボサービスのほとんどが動的IPアドレスでのサービス提供となっており、オプションサービスで固定IPアドレスを提供しているところはかなり少ないです。

その中でも固定IPアドレスを提供している代表的な光コラボとしては、AsahiNet光とビッグローブ光があります。

AsahiNet光

AsahiNet光は、光回線とプロバイダをまとめて提供する光コラボのサービスです。

AsahiNet光の固定IPアドレスオプションは、AsahiNet光の接続サービスに追加して固定IPアドレスを利用できるサービスです。

接続方法を『PPPoE接続(IPv4)』または『IPoE接続(IPv6)』から選択できます。

『IPoE接続(IPv6)』の環境でも固定IPアドレスが利用できるのが大きな特徴です。

AsahiNet光の固定IPアドレスオプションの費用は以下の通りです

初期費用(固定IPアドレスオプション)1,980円(税込)
月額利用料(固定IPアドレスオプション)1,980円(税込)/月

また、AsahiNet光の基本情報は以下の通りです

月額基本料金マンションプラン(集合住宅):4488円(税込) (※1)
ファミリープラン(戸建):5,698円(税込) (※2)
初期費用新規導入:880円(税込) (※3)
転用/事業者変更:3,300円(税込) (※3)
工事費0~22,000円(税込) (※4) (※5)
最大速度1Gbps
IPoE対応あり(無料)
(※1) キャンペーンで最初の36ヵ月までは、月額基本料金は3,808円(税込)/月
(※2) キャンペーンで最初の36ヵ月までは、月額基本料金は4,918円(税込)/月
(※3) キャンペーン適用で0円
(※4) キャンペーン適用で実質0円
(※5) 費用は申し込み内容(新規導入/転用/事業者変更)や利用環境によって変わります

AsahiNet光の公式ページ

ビッグローブ光

ビッグローブ光は、光回線とプロバイダをまとめて提供する光コラボのサービスです。

ビッグローブ光の固定IPアドレスオプションは、ビッグローブ光を利用している人に、固定IPアドレスを1つ提供するサービスです。

接続方法は『PPPoE接続(IPv4)』のみの対応となり、『IPoE接続(IPv6)』では固定IPアドレスには対応できません。

ビッグローブ光の固定IPアドレスオプションの費用は以下の通りです

初期費用(固定IPアドレスオプション)8,800円(税込)
月額利用料(固定IPアドレスオプション)3,850円(税込)/月

また、ビッグローブ光の基本情報は以下の通りです

月額基本料金マンションプラン(集合住宅)1ギガ:4,378円(税込)
ファミリープラン(戸建) 1ギガ:5,478円(税込)
初期費用新規導入/転用/事業者変更:3,300円(税込)
工事費0~28,600円(税込) (※4) (※5)
最大速度1Gbps
IPoE対応あり(無料)
(※4) キャンペーン適用で実質0円
(※5) 費用は申し込み内容(新規導入/転用/事業者変更)や利用環境によって変わります

ビッグローブ光の公式ページ

光コラボ(固定IPアドレス未提供)での固定IPアドレスの利用手段

今あなたが利用している光コラボサービスで、固定IPアドレスのサービスがない場合どうすればよいのでしょうか?

固定IPアドレスに対応している光コラボサービスに乗り換えるのが1つの解です。

ただ、どうしても今の光コラボサービスは変更したくない場合はどうすればよいでしょうか?

ここでは固定IPアドレスに対応していない光コラボサービスでも、固定IPアドレスを利用する方法について2つ紹介します

固定IPアドレスを利用する手段

  • 別プロバイダと契約
  • VPNを使う

別プロバイダと契約

1つ目は、別プロバイダと契約するという方法です。

今使用している光コラボはそのままで、追加で固定IPアドレスのサービスを提供している別のプロバイダと契約をします

固定IPアドレスの提供をしているプロバイダと契約し、そのプロバイダから提供された接続IDとパスワードで接続設定をし直すことで対応可能になります。

固定IPアドレスサービスのあるおすすめのプロバイダはGMOとくとくBBです。

GMOとくとくBBの公式ページ

VPNを使う

2つ目は、VPN(Virtual Private Network)を使うという方法です。

VPNを利用して固定IPアドレスを自宅のPCなどに割り当てて使用します

おすすめのVPNサービスは、インターリンクのマイIPです。

PCに専用クライアントソフトをインストールして、インターネット接続できる環境で、VPNサーバに接続することで、PCに固定IPアドレスが割り振られます。

そして、固定IPアドレスを使用して、VPNサーバ経由でインターネットに接続することが可能になります。

引用元:マイIPはどこでも固定IP環境を実現します | インターリンク【公式】 (interlink.or.jp)

公式ページから申し込むことでお得なキャンペーンを利用することができます。

インターリンクの公式ページ

光コラボで固定IPアドレスを使う場合の注意点

光コラボで固定IPアドレスを使用する場合に注意することを紹介します。

固定IPアドレスを使用時の注意事項

  • IPoE接続(IPv6)との併用ができない場合がある
  • 追加料金がかかる
  • セキュリティ対策が必要

IPoE接続(IPv6)との併用ができない場合がある

固定IPアドレスを使用する場合の注意点の1つ目は、IPoE接続(IPv6)との併用ができない場合がある点です。

IPoE接続(IPv6)を使用することで高速で安定した通信が可能となりますが、固定IPアドレスを利用することでIPoE接続(IPv6)を利用できなくなる場合があります。

光コラボで固定IPアドレスサービスのあるAsahiNet光は、IPoE接続(IPv6)を使用することが可能です。

光コラボで固定IPアドレスサービスのあるビッグローブ光は、IPoE接続(IPv6)を使用することができず、PPPoE接続(IPv4)のみになります。

別プロバイダと契約した場合は、PPPoE接続(IPv4)のみになります。

VPNを使用した場合は、PPPoE接続(IPv4)のみになります。

固定IPアドレスを利用することでIPoE接続(IPv6)を利用できなくなる場合があるということは認識しておきましょう。

追加料金がかかる

固定IPアドレスを使用する場合の注意点の2つ目は、光コラボの料金以外に固定IPアドレスを利用するのに追加料金が発生する点です。

代表的な固定IPアドレスサービスの月額料金(1つの固定IPアドレス)の比較は以下にまとめます

サービス月額利用料
AsahiNet光1,980円(税込)/月
ビッグローブ光3,850円(税込)/月
GMOとくとくBB1,210円(税込)/月
インターリンク1,100円(税込)/月

固定IPアドレスサービスを利用する場合、光コラボの月額基本料金以外に追加で費用が発生することは認識しておきましょう。

セキュリティ対策が必要

固定IPアドレスを使用する場合の注意点の3つ目は、セキュリティ対策はきっちりしないといけないという点です。

固定IPアドレスになるのでIPアドレスが特定される懸念があり、インターネット上から攻撃されるリスクが出てくるためです。

不正アクセスを受けないためにファイヤーウォールを設置したり、セキュリティソフトを導入したり対策をしておいた方がよいです。

なお、VPNを使用する場合は暗号化されているため、ある程度のセキュリティは確保されることになります。

固定IPアドレスサービスを利用する場合、セキュリティ対策をする必要があることは認識しておきましょう。

光回線で固定IPアドレスが必要なユースケース

自宅で固定IPアドレスが必要となるユースケースについていくつか紹介します。

固定IPアドレスが必要となるユースケース

  • 自宅のサーバ公開
  • 自宅PCにリモートログイン
  • ウェブカメラ
  • アクセス元を制限
  • オンラインゲーム

自宅のサーバ公開

自宅のサーバでWebサイトを公開する場合、固定IPアドレスが必要になります。

動的IPアドレスだとアクセスするたびにWebサイトのアクセス先が変更になってしまうため、固定IPアドレスである必要があります。

自宅PCにリモートログイン

自宅PCにリモートログインする場合、固定IPアドレスが必要になります。

動的IPアドレスだとアクセスするたびに自宅PCのIPアドレスが変更になってしまうため、固定IPアドレスである必要があります。

自宅PCに外出先からインターネット経由でリモートログインすることで、外出先でも自宅PC内のファイルの編集や参照ができるようになります。

ウェブカメラ

自宅に設置しているウェブカメラを制御する場合、固定IPアドレスが必要になります。

動的IPアドレスだとアクセスするたびに自宅のウェブカメラのIPアドレスが変更になってしまうため、固定IPアドレスである必要があります。

ウェブカメラを室内に設置して、ペットの様子を外出先から確認したり、ウェブカメラを室外に設置して、防犯カメラとして活用したりすることができます。

アクセス元を制限

セキュリティーを強固にする目的で、特定のIPアドレス以外のアクセスを制限して使用する場合、固定IPアドレスが必要になります。

例えば、テレワークで自宅PCから会社のネットワークにアクセスする場合、設定した自宅の固定IPアドレスのみを許可することでセキュリティを向上できます。

その他に、外部で管理しているWebサイトの管理のためにアクセス元を制限するような使い方もあります。

オンラインゲーム

特定のオンラインゲームをする場合、固定IPアドレスが必要になります。

オンラインゲームの中には固定IPアドレスを必要とするものがあるため、プレイしたいゲームに固定IPアドレスが必要かは事前に確認するようにしましょう。

まとめ

本記事では、自宅の光コラボで固定IPアドレスを使用する場合のおすすめの方法について紹介しました。

固定IPアドレスを提供しているサービスは多くはありませんが、固定IPアドレスを使ってやりたいこと(ウェブカメラ、オンラインゲームなど)を実現するために、本記事で紹介した方法でやってみてはいかがでしょうか。

光コラボのオプションサービス

AsahiNet光の公式ページ

ビッグローブ光の公式ページ

自宅光コラボとは別プロバイダのサービス

GMOとくとくBBの公式ページ

VPNサービス

インターリンクの公式ページ

本記事が少しでも参考になったなら幸いです。

-光回線全般