PR 楽天ひかり

楽天ひかりは本当に速度が遅いのか?実体験をもとにIPoEを用いた快適な使用方法を紹介!

楽天ひかりは、光コラボサービスの1つで、楽天経済圏を活用されている方の中には気になっている方もおられるのではないでしょうか?

ただ、楽天ひかりは、他社に比べて通信速度が出ないなどネガティブな評判や口コミが耳に入ってきて一歩踏み出せないということはありませんでしょうか?

もしくは実際使用していて一部の時間帯で通信速度が遅くなっているといったことはありませんでしょうか?

本記事では、楽天ひかりを使用した経験のある筆者が、IPoEにより楽天ひかりを快適な通信サービスとして利用できることを紹介します。

\楽天ユーザにおすすめ/

【楽天ひかり】

楽天ひかりの公式ページはこちら

楽天ひかりの評判は?口コミの速度はどうなのか?

実際の楽天ひかりの評判や口コミには、どういったものがあるのでしょう。

楽天ひかりの口コミには、「速度が遅い」「つながらなくなる」といったものも見受けられます。

はやくない。繋がらない日もある。

工事に関する悪い口コミが多いですが。
うちは特に不都合なく工事できました。(2021年夏)
ただ、めちゃくちゃ遅い日があります。
トラブルや障害の報告はないのに、丸一日使えない日も。

引用元:楽天ひかりの口コミ・評判 新しい順 | みん評 (minhyo.jp)

一方で、楽天ひかりの速度測定結果で「非常に速い」という口コミもあるのも事実です

口コミ情報だと様々な意見があり、ネガティブな意見の方が投稿されがちな面もあるため、一概に口コミ情報だけで判断することはできません

ネガティブな意見についても原因についてまでは不明で何とも言えませんので、参考にする程度にしておきましょう。

楽天ひかりを快適に使用するためのIPv6(クロスパス)

楽天ひかりの通信速度が遅いというのは本当でしょうか?

結論としては、筆者の経験上から「IPv6(クロスパス)」を利用することで楽天ひかりで快適な通信をすることができます

楽天ひかりには、「IPv6(クロスパス)」という高速に通信するためのオプションサービスが追加費用なく利用できます

これを利用することで、安定して高速な通信が可能になるため、楽天ひかりを利用する場合は必ず利用するようにしましょう

なお、「IPv6(クロスパス)」とは、厳密にはIPoEで「IPv4 over IPv6」を実現しているサービスのことです。

筆者の経験上、「IPv6(クロスパス)」は、楽天ひかりの開通日からすぐに利用することができず、1週間程度はPPPoEでの認証をして利用していました。

PPPoEでの通信でも400Mbps程度の通信速度が出ていて普段は問題なく利用できていましたが、夜などの特定の時間になると数十Mbps程度の通信速度になるといったことがありました。

PPPoEでの通信だと夜などの特定の時間だと混雑して通信速度が遅くなっていたのかと思われます。

開通から1週間程度で「IPv6(クロスパス)」の準備ができたとの案内メールが来たので、その後は「IPv6(クロスパス)」を利用するになり、PPPoEで利用していたときのような特定の時間で通信速度が遅くなるようなこともなくなりました。

やはり、「IPv6(クロスパス)」を利用することで楽天ひかりは快適に利用できるようになるのだと実感しました。

IPv6(クロスパス)を利用するためのルータ設定例

楽天ひかりで「IPv6(クロスパス)」を利用するには、クロスパスに対応したルータを準備する必要があります

別の言い方をすると利用用途にあったルータを自分で準備することができ、事業者に特定のルータを指定されることなく、好きなメーカや必要なスペックのルータを選ぶことができます。

筆者は、NEC製の「Aterm WX3600HP」を使用して楽天ひかりを利用していました。

本ルータは、クロスパス対応しており、無線もWi-Fi 6まで対応しており高速通信可能なため、これを選びました。

クロスパスはIPoEでの接続は回線の自動判定をするため、ルータの設定方法簡単です

<Aterm WX3600HPのクロスパス設定方法>

  1. Atermの管理画面にログイン
    「ユーザー名」には「admin」と半角小文字で入力し、「パスワード」には、本商品本体のラベルに記載された英数字8桁のパスワード(Web PW)を入力して、 [ログイン]をクリックしてください。
  2. 「基本設定」をクリック
  3. 「自動判定」を"OFF"にし、「動作モード」を"クロスパス"にして、「設定」をクリック
  4. 「ホーム」に戻り、装置状態を確認する
    ・「動作モード」が、"クロスパス"になっていること
    ・「IPv4接続状態」が、"IPv4 インターネット利用可能"になっていること
    ・「IPv6接続状態」が、"IPv6 インターネット利用可能"になっていること

楽天ひかりで最大10Gbpsのサービスはあるのか?

楽天ひかりでの最大通信速度10Gbpsのサービスは現時点ではありません

楽天ひかりでは最大通信速度1Gbpsのサービスのみを提供しています

昨今、提供可能な地域は限定的ですが、光コラボで10Gbpsのサービスを提供する事業者もありますが、本格的なオンラインゲームをやりたい方大容量の通信が必要となる専門職の方などの一部の方には10Gbpsのサービスは魅力的ですが、ほとんど大多数の方々には1Gbpsのサービスで問題ありません

楽天ひかりの料金は?スマホとのセット割はあるのか?

楽天ひかりの月額料金は、いくらになるのでしょうか。

楽天ひかりでは、大手キャリアのようなスマホとのセット割はありませんシンプルな料金体系で分かりやすくなっています。

価格も主な光コラボ事業者の1Gタイプと比較しても低料金な価格帯になっています。

マンションプラン(集合住宅)ファミリープラン(戸建)
GMOとくとくBB光3,733円(税込)4,818円(税込)
ドコモ光4,400円(税込)5,720円(税込)
ソフトバンク光4,180円(税込)5,720円(税込)
楽天ひかり4,180円(税込)5,280円(税込)
ビッグローブ光4,378円(税込)5,478円(税込)
楽天ひかりにお申し込みで、楽天ひかり月額基本料が1年無料!【楽天ひかり】

まとめ

楽天ひかりは、IPv6(クロスパス)のサービスを使うことで安定で高速なサービスになっています。Web上の口コミなどはそのまま信用するのではなく、あくまで参考にする程度にしておきましょう。

もし楽天ひかりに加入していて、通信速度に不満がある方は、まずはIPv6(クロスパス)を活用できているのかを再確認してみましょう

通信速度に対する不満が改善する可能性が高いです。

これから楽天ひかりに加入を検討されている方は、キャンペーンを活用してお得に申し込みをしましょう

-楽天ひかり