PR auひかり

【auひかり】auユーザにおすすめの光回線サービス!

auのスマホを利用していてauひかりに興味はありませんでしょうか?

本記事では、auひかりがおすすめな人やauひかりのメリットなどを簡潔にまとめていますので、auひかりを導入する助けになれば幸いです。

\auユーザにおすすめ/

【auひかり】

auひかりの公式ページはこちら

auひかりとは?

auひかりは、KDDIが提供する光回線のインターネット接続サービスです

光回線は光コラボのようなNTTのフレッツ光ではなく、KDDIが独自で提供する光回線を使用します

そのためNTTの回線状況に影響を受けず高速な通信が可能となっています。

auひかりはauのスマホ利用者向けに割引きの特典があり、auユーザにおすすめの光回線サービスです。

auひかりの基本情報まとめ

auひかりの基本情報

auひかりの基本情報としては以下になります。

月額料金ホーム 1G (3年契約、ネットのみ)5,390円(税込) (※1)
ホーム 5G (3年契約、ネットのみ)5,940円(税込) (※2)
ホーム 10G (3年契約、ネットのみ)6,798円(税込) (※3)
マンション タイプG (16契約以上)(2年契約、ネットのみ)4,180円(税込)
初期登録費3,300円(税込)
工事費ホーム 1G/ホーム 5G/ホーム10G:41,250円(税込) (※)特典で実質0円
マンション(タイプG/タイプV/都市機構/都市機構G/タイプE/タイプF/ギガ/ミニギガ):33,000円(税込) (※)特典で実質0円
最大速度10Gbps、5Gbps、1Gbps、664Mbps、100Mbps
契約期間3年、2年、縛りなし
解約金ホーム 1G/ホーム 5G/ホーム10G:4,730円(税込)
マンション(タイプG/都市機構G):2,730円(税込)
マンション(タイプV/都市機構/タイプE/タイプF/ギガ/ミニギガ):2,290円(税込)
IPoE対応あり
特典auのスマホ利用者に最大1100円の割引きあり
他社からの乗り換えで他社での違約金の還元あり
契約期間以上使用して工事費が実質0円になる
(※1) 1年目5,610円、2年目5,500円、3年目以降5,390円
(※2) 1年目5,610円、2年目5,500円、3年目5,390円、4年目以降5,940円
(※3) 1年目6,468円、2年目6,358円、3年目6,248円、4年目以降6,798円

auひかりのオプションサービス

auひかりで提供される主なオプションサービスは以下になります。

auひかり電話550円/月(税込)
auひかり テレビサービス618円/月(税込)
au HOME539円/月(税込)

auひかりのメリット

auひかりの特徴的なメリットとしては以下が挙げられます。

auひかりのメリット

  • auのスマホ料金が割引される
  • 自社の独自の光回線により通信速度が速い
  • 公式のキャンペーンが豊富
  • 対応エリアが広い

auのスマホ料金が割引される

auのスマホを利用している方は「auスマートバリュー」というキャンペーンでauひかりとセットで契約して安く利用することができます

スマホの契約プランによって割引き額が変わっており、最大月額1100円の割引きを受けることができ、auユーザにとってはうれしいサービスになっています。

自社の独自の光回線により通信速度が速い

auひかりは独自の光回線を使用しており、通信速度が速く快適に利用できます

auひかりは利用者の多いNTTのフレッツ光の回線を使用しておらず、独自の光回線を使用しているため、他の利用者の使用状況に影響を受けることが少なく、比較的高速な通信ができていると評判です。

公式のキャンペーンが豊富

工事費が実質0円だったり、他社から乗り換える場合の他社への違約金を還元してくれるキャンペーンが豊富にあり、お得にauひかりを導入することができます

対応エリアが広い

独自の光回線を使用していると対応エリアが狭いように思われますが、auひかりは日本全国の広い範囲でサービスを提供しています。

ちなみに関西エリアや中部エリアでは、eo光やコミュファ光と業務連携をして電力会社の回線を活用したサービスを展開しています。

auひかりのデメリット

auひかりの特徴的なデメリットとしては以下が挙げられます。

auひかりのデメリット

  • マンションタイプを自分で選べない
  • 契約期間の縛りがある
  • 撤去費用が高い

マンションタイプを自分で選べない

auひかりのマンションタイプでは自分で契約する種別を選ぶことができません

まず自分の住んでいるマンションでauひかりが利用できるかを確認する必要があり、利用できないマンションではauひかりを利用することはできません。

また、auひかりを利用できるマンションであっても利用できるプランは決まっており、自分でプランを選択することはできません。

プランによって、月額料金や最大通信速度が変わってくるため、自分にあったマンションのプランに加入できるかは住んでいるマンションに依存してしまいます

契約期間の縛りがある

お得にauひかりを利用するには2年契約や3年契約をする必要があります。

そのため契約期間の途中で解約する場合に違約金が発生してしまうので注意が必要です。

撤去費用が高い

auひかりから他社の光回線に乗り換える場合、auひかりの設備の撤去費用が発生します。

費用は31,680円と高額になっており、すぐに別の光回線に変更する可能性がある場合は注意が必要です

まとめ

auひかりは、auユーザにおすすめの光回線サービスです

通信速度も高速と評判があり、自宅でインターネット回線をフル活用する方にもおすすめです

また、キャンペーンにより工事費が実質無料になったり他社への違約金を還元してくれたり、スマホ料金の割引きもあり、使いようによってはかなりお得な光回線サービスになります。

興味のある方はauひかりの導入をしてみてはいかがでしょうか。

-auひかり